携帯電話のリサイクルについて

携帯電話の本体や充電池には、金・銀・銅などの希少金属が使われており、使用済みとなった携帯電話等を回収・リサイクルすることで、貴重な資源を有効に活用することができます。
組合の秩父環境衛生センターには、月に約300台の不用となった携帯電話がごみとして搬入されています。
通信事業者、製造メーカーで組織する「モバイル・リサイクル・ネットワーク」では、携帯電話本体・電池・充電器を回収し、専門の資源回収事業者においてリサイクルを行っています。また、携帯電話にある個人情報の消去についても、回収時にサポートしています。
携帯電話の回収は、次のマークのあるお店(販売店等)で行っています。
携帯電話のリサイクルにご協力をお願いします。

携帯電話のリサイクルの詳細についてはこちらまで
モバイル・リサイクル・ネットワーク

お問い合わせ 業務課 Tel:0494-23-2489