水道料金統一に向けた審議

秩父広域市町村圏組合水道事業経営審議会の設置

(1)経緯

平成28年4月に秩父地域1市4町の水道事業を統合し、秩父広域市町村圏組合水道事業を開始しましたが、水道料金については、それぞれの料金体系によるものとし、統合後5年以内に料金の統一(改定)を行うこととしています。
そのため、水道局では、水道料金の統一(改定)にあたり、水道事業経営審議会を設置し、平成31年1月に審議を開始しました。

(2)組織

審議会の委員は「秩父広域市町村圏組合水道事業経営審議会条例」の規定により、識見を有するもの7人、組合市町からの推薦者8人、管理者が必要と認めるものとして公募による委員6人、計21人で構成しています。
今後、令和元年12月の答申に向けて、計9回の会議を予定しています。会議では秩父地域の水道事業の現況や料金改定の基本的な考え方を確認し、各委員の意見を伺いながら審議を進めていく予定です。

審議会スケジュール(予定)(PDF:257KB)
審議会名簿(PDF:526KB)
諮問書(PDF:76KB)
審議会内容はこちらのページからご確認ください。

審議会の傍聴について

審議会は傍聴することができます。傍聴を希望される方は、傍聴要領に従いご参加ください。なお、審議内容により非公開となる場合があります。ご了承ください。
※次回審議会(10月30日)は公開です。

傍聴要領(PDF:264KB)