水道の冬支度をしよう!

寒さが厳しくなってきました。寒い日が続くと、水道管やじゃ口が凍結しやすくなります。
秩父地域は、地形が盆地のため日中は気温が上昇しやすく、朝晩の冷え込みが厳しいという特性があります。冬季には必ず水道管の防寒を心掛けましょう。

<水道の凍結に注意>

こんな時、こんな場所は注意

  • 気温が-4℃以下になる場合
  • 水道管がむき出しになっているところ。
  • 建物の北側など日が当たらない場所や風当たりの強い場所
  • 冬場に旅行や帰省などで数日間留守にする場合
  • トイレ内の配管など
  • メーターボックスなど

 

<凍結防止方法>

メーターの防寒・・・メーターボックス内の防寒には、発泡スチロールを
細かく砕き、ビニール袋に袋詰めした物を入れると有効です。なお、必ず
メーターが見えるよう保温してください。

 

屋外等の水栓の保温・・・市販の保温材で露出している水道管を巻きます。
また、市販の電気式の保温材も有効です。

 

 

電気式保温ヒーターの確認・・・電気式保温ヒーターのプラグがコンセ ントに差し込まれていないため、水道管や給湯器が凍結破損し、漏水することがあります。寒くなる前にプラグがコンセントに差し込まれているか確認してください。

 

<もし凍結してしまったら・・>

  • 蛇口をいっぱいに開けます。 蛇口にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけて暖めてください。
    一気に熱湯をかけると蛇口や水道管を傷めるだけでなく、やけどや思わぬケガのもとになります。
    ※水道管を凍らせた状態にしておくと、管の破損につながることがありますので、放置せず早く凍った部分を溶かしましょう。

 

お問い合わせ 経営企画課 Tel:0494-25-5221