違反対象物公表制度のお知らせ

重大な消防法令違反を公表する「違反対象物公表制度 」が開始しました。

秩父広域市町村圏組合火災予防条例が改正され、重大な消防法令違反のある防火対象物の名称等を公表する「違反対象物の公表制度」が令和2年4月1日に施行されました。

 

・好評されている対象物一覧
現在、公表されている対象物はありません。

・制度の概要
平成24年5月に広島県福山市で発生したホテル火災等をうけ、重大な消防法令違反のある建物について、利用者等に建物の危険性に関する情報を公表して利用者自らが建物の危険性に関する情報を入手し、その建物の利用について判断できるよう、消防が立入検査で確認した重大な消防法令違反を消防本部ホームページで公表する制度です。

・公表の対象となる建物
飲食店・百貨店等、不特定多数の人が利用する建物や、病院・社会福祉施設等の一人で避難することが難しい方が利用する建物です。

・公表の対象となる違反
建物に消防法で義務付けられた消防用設備(屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・自動火災報知設備)が設置されていないか、設置されていても機能を喪失しているものが対象となります。

・公表の内容
1.建物の名称
2.建物の所在地
3.消防法令違反の内容

・公表の時期
消防機関が立入検査により、公表の対象となる建物に重大な消防法令違反があると認められ、その結果を関係者に通知した日から14日以上経過した日において、同一の消防法令違反が認められるときに公表するものです。
なお、当該違反の是正が確認されるまでは、公表を継続します。

・建物関係者の方へ
所有、管理する建物が用途変更、増築や隣接建物との接続、看板の設置や内装の変更により窓等を塞いでしまう場合は、建物に必要となる消防用設備等が変更となる場合がありますので、秩父消防本部予防課若しくは最寄りの消防分署までご相談ください。

 

お問合せ先
予防課 0494-21-0121

 

go top