「埼玉県秋のプラごみゼロウィーク」開催

埼玉県秋のプラごみゼロウィーク

埼玉県では、プラスチックごみの削減を促進するとともに、来年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた環境美化を意識するため「埼玉県秋のプラごみゼロウィーク」を実施することとしました。

期間

令和2年9月12日(土)~10月31日(土)

※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により中止する場合があります。

内容

(1)彩の国「新しい生活様式」における地域清掃活動

新型コロナウイルス感染症に配慮し、家庭や職場周辺など身近なところで実施しましょう。

埼玉県HP彩の国「新しい生活様式」における地域清掃活動10のポイント(別ウインドウで開く)

(2)プラスチックごみを出さないライフスタイルを実践しましょう

私たちの身の回りには、レジ袋やペットボトル、カップやお菓子の袋など、たくさんのプラスチック製品があります。
こうしたプラスチック製品は、ごみになると、可燃ごみとして燃やされたり、資源として別のものに作りかえられたりします。

しかし、きちんと処理されない一部のプラスチックごみが、川を通じて海に流れ込み、世界的に大きな問題となっています。

そこで、3R(スリーアール)を意識したライフスタイルを実践しましょう。

リデュース(Reduce):ごみを出さないように工夫すること。

リユース(Reuse):ごみにしないでくり返し使うこと。

リサイクル(Recycle):ごみを違うものに作りかえること。

・リデュース(ごみを出さないように工夫すること)

  • マイバッグやマイボトルを使う。
  • レジ袋をことわる。
  • 必要のない包装(ほうそう)はことわる。
  • 食べのこしをしない。

・リユース(ごみにしないでくり返し使うこと)

  • 洗剤(せんざい)などの容器(ようき)をくり返し使う。
  • 使わなくなったものは人にゆずる。
  • こわれたものは修理(しゅうり)して使う。

・リサイクル(ごみを違うものに作りかえること)

  • リサイクルしやすいように捨てる。

埼玉県HP3Rでごみをへらそう!(別ウインドウで開く)

(3)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてまちの環境美化を意識しましょう

県内の多くの市町村や自治会などでごみの回収活動(クリーン作戦)が行われています。

お住まいの地域で行われるごみの回収活動や清掃活動に積極的に御参加ください。

埼玉県HP埼玉県プラごみゼロウィーク(別ウインドウで開く)

 

関連:環境省HP海ごみゼロウィーク2020(別ウインドウで開く)

 

業務課 24-8050