会社、商店、飲食店などから出るごみの処理方法

会社・商店・飲食店などから出るごみの出し方

事業活動に伴って発生するごみで、産業廃棄物以外のごみは、事業系一般廃棄物と呼ばれ、廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、事業者自らの責任で処理しなければならないとされております。

処分方法は、次の3つの方法があります。

1 収集運搬許可業者に依頼する方法

収集方法 組合の許可を受けている業者と収集方法について、相談して決めていただきます。
料金 業者の料金体系により異なります。
許可業者名 前画面を参照してください。

2 秩父広域市町村圏組合に収集を申請する方法

収集方法 一般家庭のごみ収集に併せて事業所の収集を行います。直接事業所に収集に伺います。可燃ごみは週2回、不燃ごみは月2回収集します。資源ごみは収集しません。収集日は、一般家庭の収集日と同じ日です。
料金 可燃ごみ、不燃ごみ別に専用の指定袋(白色)の排出量が1回平均15個までの場合は、月額2,000円です。出すときに事業系専用の指定ごみ袋を使用してください。専用指定袋(白色)1セット(10枚入り) 1,100円

3 組合の施設に直接持込む方法

持ち込みの
方法
持込めるもの、大きさ、重量等に制限がありますので、不明な点は事前にお問い合わせください。
可燃ごみ 秩父クリーンセンター  Tel:0494-24-8050
不燃ごみ 秩父環境衛生センター  Tel:0494-23-8921
持ち込み時間 月曜日から金曜日  午前9時から正午  午後1時から午後4時まで
料金 100キログラムまで800円です。(100キログラムを超えたときは、10キログラムごとに80円を加えた額)

※産業廃棄物(建設廃材、製造業等から出る廃プラスチック等法律で定められている20品目)は、当組合施設では処理できませんのでこちらをご覧ください

お問い合わせ 業務課 Tel:0494-23-2489