災害対策・対応

 水道事業者は、地震などの自然災害や、水質事故、テロ等の非常事態においても、生命や生活のための水の確保が求められています。このため、基幹的な水道施設の安全性の確保や重要施設等への給水の確保、さらに、被災した場合でも速やかに復旧できる体制の確保が求められるため、「危機管理マニュアル」の整備をすすめております。

 また、緊急断水が生じた場合、応急給水として、小・中学校施設の受水槽・高架水槽の飲料水を利用し、近隣住民の皆様に給水を行います。

 

台風等の被災に伴う水道料金、下水道使用料の減免について

 台風等により被災し「り災証明書」の発行を受けた方で、被災した家屋等の清掃に水道水を利用した方、災害に起因する使用水量の増加が認められる方について、水道料金及び下水道使用料の減免を行います。

対象者 台風等により被災し「り災証明書」の発行を受けた方で、被災した家屋等の清掃に水道水を利用した方、災害に起因する使用水量の増加が認められる方
申請手続 自然災害等による水道料金減免申請書」に、り災証明書の写しを添えて申請してください。
申請書の提出先 ちちぶ広域水道お客様センター、大滝・荒川事務所、吉田事務所、横瀬事務所、皆野・長瀞事務所、小鹿野事務所
減免内容 自然災害等による減免の場合、前6ヵ月の使用水量の2ヵ月平均を算出し、災害発生日の属する月分の計量から差し引いたものを清掃に要した使用水量または、災害に起因する使用水量の増加分とみなし減免し、平均使用量を該当期間の使用水量として認定します。

※災害発生日の属する期の使用水量が、上記認定水量に満たない場合は減免できませんので、ご了承ください。

・自然災害等による水道料金減免申請書

お問い合わせ 経営企画課 Tel:0494-25-5221