秩父クリーンセンター発電事業について

秩父クリーンセンター発電事業について

秩父クリーンセンターでは、一般廃棄物の焼却に伴って発生する熱エネルギーをボイラーで蒸気に変換し、蒸気タービン発電機による最大1,400kwhの発電を行っています。発電した電力は、工場内の各機器及び照明等に賄われるほか、余剰電力は電気事業者に売却しています。

令和元年度から秩父広域市町村圏組合と秩父新電力株式会社による地域新電力事業に関する協定書に基づき、秩父圏域内において、エネルギーの地産地消、資金循環等による地域経済の活性化を実現することができる秩父新電力株式会社に電力を売却しています。

〇発電実績

 令和2年度発電実績(PDF68.1KB)

〇秩父クリーンセンターごみ処理フロー図

 ごみ処理フロー図(PDF221KB)

蒸気タービン発電機

問い合わせ:秩父クリーンセンター
℡0494-24-8050